きいろぐ

音楽、お酒、ガジェット、漫画、アニメ…etcについてつらつらと語っていきます。

今回はAOKI SADAHARUのチョコレートのお話

 私です!

 毎年、この時期になると様々なところから新作チョコレートが発売されますね。

 そして、私のような一見、そういうイベント毎と無関係と思われる私でも、チョコレートが大好きなのでこの時期は浮足立ちますw

 

 で、今回はいただきものの1つAOKIのチョコレートを紹介しようと思います。

f:id:keypad:20170221224707j:plain

f:id:keypad:20170221224719j:plain

 これは、ミニタブレット ゼンという商品です。今年のは和をモチーフとした日本茶シリーズらしいです。

 味は、左から抹茶、ほうじ茶、玄米茶となっております。そして、1つの種類につき3枚入っています。価格は確か2000円超えてた気がします。箱のサイズも小さいので非常に高級品ですw

 味についてです。

 抹茶:適度なお茶の渋みと抹茶の香りが口の中に広がります。

 ほうじ茶:芳醇なほうじ茶の独特の香ばしさが鼻から抜けます。

 玄米茶:これもかなり香ばしいです。ほうじ茶と異なり、玄米の香ばしい香りがします。

 そして、共通していることはどれもシルキーでクリーミーな甘さを持っています。

 

 価格はかなり張りますが、見合った美味しさでした。

 

 

 

今回は購入したものの失敗談について語ろう。

 私です!

 今回は購入して失敗したものについて語ります!!

 それは、某マイクロSDカードですw

 早々に失敗するようなものではないような気がしますが、昨今、マイクロSDの使い方というとスマホタブレットに使うというのが主なのではないでしょうか。

 容量のほかに、読み出し・書き込みの速度を注目しないです!これの速度が遅いと、折角購入しても全然使いもになりません。

 全然、読み込まないのです!!!

 安いからと言って、買ってしまうと痛い目に合う典型をこの時知りましたw

 

 因みに、買ってよかったのは安定してトランセントジャパンのマイクロSDと今や衰退気味ですがサムスンがなかなか良かったです!それと東芝は割と優秀でしたw

 

 あとはサンディスクが圧倒的に性能が良かったですw

 

 

 

 

 

最近何も買ってない!!!

 私です!

 最近ですが何も買っていませんwいや、音源は購入しているのでそちらで書けばいいんですけど、意外と音楽って聴きこまないと書けなくて(ぁ

 

 まぁ、最近は少し変わった筋トレ器具を注文したので届き次第レビューしていこうかなと思います!

 あ、あとバレンタインデーですよ!!

 今年は結構色々なチョコを貰ったり購入したりしたので、そちらのレビューも追々していこうかと思います。

 面白いなぁと思ったのはゴディバのリキュールとかAOKIのチョコレートとか焼酎ボンボンとか。まぁ、結構色々いただきましたので書いていきますw

 

 一旦これでノシ

怖い話

お題「誰にも信じてもらえない体験」

 今でこそ見なくなったものの、昔は自分、そこそこ幽霊ぽいものを見ていたのですよ!

 そこで、幻覚ではなく、如実に物理的影響を受けたお話。

 

 私が小学4年生の辺りだっただろうか。いつもより早く眠くなって、9時ころに床に就こうとした。当時私はベットに寝ていたのですが、寝ようとすると目の端にベットの下から伸びる腕が…

 一瞬幻覚か!?と思って腕が伸びてきた方に目をやると凄い勢いでベットの下に引っ込むのが見えた。しかし、私はまだ寝ぼけているのだと思っていた。それで再び、寝ようと布団をかぶろうとすると再びベットの下から腕がのびて今度は自分の脚を掴もうとしているのが見えた。

 自分は単に幻覚からの恐怖心でベットの下から伸びた腕が幻覚で脚を掴もうとしているのだと思った。

 しかし、3度目。再び自分の脚を掴み、そして引っ張られたとき、それは幻ではないのだと気が付いた。必死に抵抗して何とか逃げ切ったものの、まだ足首に掴まれた感触が残っていた。

 結局自分はそれで目が覚めてしまい、ベットからその時は別な部屋で布団で寝ることにした。

 以来である。私はそれから高校2年生までしばらく幽霊を見るようになるのであった…

 

 

「超」怖い話 酉 (竹書房文庫)

「超」怖い話 酉 (竹書房文庫)

 
怖い話ノンフィクション (A CUP OF TEARS)

怖い話ノンフィクション (A CUP OF TEARS)

 

 

茶楽音人のCo-Donguri雫について

 はい、音楽中毒の私です!

 今回は、コチラ!!

f:id:keypad:20170204202122j:plain

 茶楽音人のCo-Donguri雫というイヤホンについてレビューをしようと思います!

 

 Co-Donguri雫というと、5000円以内で買えるのに、音は1万円イヤホン並みという、高コスパで有名なハイレゾ対応イヤホンです!

 ハイレゾ対応ですが、自身ハイレゾ音源は限られたものしかもっていないので、一般的なmp3音源、中でも320kbpsの音源でレビューを行っていきます。

 普段はFiioX1&UE900sで聞いているのですが、今回はスマホで音楽を聴く人たちに向けてzenfone 3 laserで聞いた音をレビューしていきます。

 あ、因みに使用アプリはONKYOのHF Playerを用いています。

 

 1曲目 Aimer「Brave Shine

 音は全体的に、横へ広がりがあります。音質その物の質感は良いです。かつてse215spe-aを用いていましたが、音の伸びや広がりはこちらの方が良く感じますね。女性ボーカルの音は綺麗に伸びていますが、前に出すぎることなく、どちらかと言うと、楽器と、ボーカルほぼフラットか、やや楽器の方が出ている印象があります。

 

 2曲目 Glay「デストピア」

 やはり、音は全体的に横へ広がります。そして、立体感がありますね。男性ボーカルも中々の質感で出してくれます。しかし、どちらかと言うと女性ボーカルの方がきれいに出ている印象はあります。しかし、そこまで気になるほどの差ではありません。低音に関しては、軽いですね。しかし、レスポンスは良くスピード感があります。ここら辺は好みの差ではないかな。ただ、確かにドラムのキックは弱く感じますね。弦楽器は割ときれいに奏でています。

 

 3曲目 Ayasa「Re:Birth」

 おお…これは美しい。非常に美しくヴァイオリンの高音が表現されています。ヴァイオリンを奏でているイメージが浮かぶほどに美しいです。そして、残響感もしっかりと表現されていますね。この楽曲自体がスピード感あるものですが、本イヤホンの持つ音の立体感の表現がさらにそれを際立たせてくれています。感動です!!

 

 以上、レビューでした。個人的にはオールマイティなイヤホンだと思います。音の広がりも良く、低~高までしっかりと表現されています。ただ、キックが多めなハードロックには余り向かないかもしれません。

 しかし、総評して、ロック~クラシック、ポップまで様々な音楽に向いています。

 

 最後に質感ですが、筐体は全て金属で構成されていて、比較的高級感があります。また、ケーブルも絡みにくい仕様になっていて、普段使いにはもってこいの1本ではないかと思います。

f:id:keypad:20170204204502j:plain

 

 

茶楽音人(さらうんど) カナル型イヤホン Co-Donguri-雫 (Dawn Blue)

茶楽音人(さらうんど) カナル型イヤホン Co-Donguri-雫 (Dawn Blue)

 

 

zenfone 3 laserに関する追記

 はい、私ですw

 昨日は「zenfone 3 laser」について書きましたが、追加で気が付いたことです。

keypad.hatenablog.com

  まぁ、zenfone 3 laserを購入した際に、当然ながらスマホカバーも一緒に買いました。

 それがコチラ!

f:id:keypad:20170131225223j:plain

 今回は、「Nillkin」というメーカーの手帳型スマホケースを購入しました。

 まぁ、カバーは1000円前後の割に結構しっかりしていて、スマホ本体のシャンパンゴールドにもマッチしていて結構気に入っています。しかし、蓋?の部分がマグネットタイプではないのでそこだけが唯一マイナスポイントです。

 実を言うと手帳型ケースはあまり好きではなかったのですが、実はこのzenfone 3 laserには1つ面白い機能がありまして、ケースの円の窓から時計や天気、着信を確認できるという機能があります。

f:id:keypad:20170131225704j:plain

 これが、中々便利で、そして面白いんですよねw

 なので、是非ともzenfone 3 laserを購入した際には上記のようなケースを購入することをお勧めしておきますw今回に限っては、その機能のおかげで、本当に手帳型ケースにしてよかったと思ってますw

 

 では、今日はここらへんでノシ

 

 

 

zenfone 3 laserを買いましたw

 はい、私です!

 今回は、まさに前日まで使用していたalcatel idol3のディスプレイが御逝きになられてしまったので、急遽zenfone 3 laserのSIMフリーを買いましたw

 

f:id:keypad:20170130204308j:plain

f:id:keypad:20170130204337j:plain

 

 1.使用感

 値段は、3万円ほど。触った感じの性能は一昔前のハイエンドくらいのスペックでしょうか。と言っても、昨今のスマホの進歩は恐ろしく早いですから、一昔前のハイエンドというのは言い過ぎかもしれません。使用感としてはメモリが4Gもあるのも相まって、よっぽどスマホでゲームする人以外には十分な性能です。重いゲームをしない限りサクサク動きます。ただ、若干フォルダ系のアプリを立ち上げるともたつきますね。

 

一応公式HPを載せておきますので細かい使用上のスペックはそこで確認をしてみてくださいw

www.asus.com

 

 2.カメラ性能について

 さて、カメラ性能はそこまで高いわけではないですwレーザーが備え付けられているので、フォーカスを合わせるのは早いですが。しかし、1300万画素(背面カメラ)の割には綺麗に写ります。まぁ、カメラ性能は実際画素数が全てではなく、コントラストや光量などの様々ない要因があるので一概に画素数が低い=低スペックという訳ではないのでしょう。一応、レンズはソニー製らしいです。

 

 3.アプリについて

 ASUSのアプリが初期状態で比較的多く入っています。その中でも天気アプリが結構高性能です。また、GPS性能も割といいせいか、本当にリアルタイムで自分がいる場所の天気を知ることができます。正直、これは思わぬ誤算でした。本機では使わないアプリが多いと言われていますが、このアプリだけは残しておくのを強く勧めておきます。

 

 4.バッテリー持ち

 日中普通に動画を見ていてもそれなりに持ってくれます。まぁ、動画再生だけで12時間ほど持ってくれるらしいので、よっぽどな使い方をしない限りは十分でしょう。唯一残念な点はこの機種急速充電に対応していないのです!!

 これだけが本当に残念でなりませんねぇ。

 

 とまぁ、自分で使ってみて大雑把な感想でしたが、いかがだったでしょうか?

 因みに、デュアルSIM対応なんて書いていますが、本機はあくまでセットが出来るわけであって、同時に起動することはできません。しかし、一般的なスマホユーザーには十分な性能なのではないでしょうか?

 

 少なくとも、私のようにWebブラウジングGPS機能を用いた地図検索。読書、ちょっとした合間に動画を見る。RSSリーダーアプリを用いた記事やブログのチェックや、クラウドデータの確認。その程度には十分すぎる性能を持っています。

 

 そういった観点から、本機はライトユーザー~ゲームはしないけどソコソコスマホは活用するユーザー向けなのではないかなと思います。

 

 また、使用していて何か気づいたら記載していきます。

 ではでは~ノシ